伝説とはいいものだ!

アレクサンドリアの大灯台は実在したのでしょうか?様々な事例を紹介します。
フレーム上

アレクサンドリアの大灯台とは

アレクサンドリアの大灯台とは紀元前3世紀頃にエジプトのアレクサンドリア湾岸のファロス島に建造された灯台のことを言います。アレクサンドリアのファロスまたはファロス島の大灯台とも呼ばれています。この灯台が建っているファロス島は、アドリア海に同じ名前の島があり、それとは別の埋め立てにより出来上がった島になります。


世界の七不思議とも言われており、14世紀の二度の自身によって全壊しましたが七不思議の中ではギザの大ピラミッドの次に長命な建造物と言われています。この灯台が建てられた経緯は紀元前332年まで遡ります。アレクサンドロス3世によりナイル河口にアレクサンドリアが建造されたのですが、アレクサンドロスの死後にこの建物は部下であるプトレマイオス1世の統治下におかれます。



この場所を基軸としプトレマイオス朝が開かれるわけですが、その周辺は平淡な土地しかなく沿岸航行や入港の際に陸標となるものが一切なかったと言います。新たな陸表として建てられたのが、このアレクサンドリアの大灯台なのです紀元前305年から工事を開始し、完成したのはプトレマイオス2世がの代のときだったと言います。

アレクサンドリアの大灯台は実在したのか?

アレクサンドリアの大灯台は、紀元前3世紀頃にエジプトにあるアレクサンドリア湾岸のファロス島に建造されたとされている灯台です。世界最古の灯台の一つとされていますが、現在においても実在していたか否かが専門家の間で議論されています。アレクサンドリアの大灯台の高さは約130メートル以上あり、現代の建造物だと40階建ての高層ビルに匹敵するわけですが、1300年代の自身によって倒壊したと言われています、



この時使用されていた資材は当時作られていた要塞の資材として流用されて、1480年頃にはその姿を完全に消してしまいます。そのため現代では灯台の実在の信憑性がかなり疑わしいとされてきました。もう一つの疑問点として、当時の技術力でそのような高い建造物がつくることは不可能と考えられていたからです。しかし1990年代に行われた近海の本格的な調査で遺跡を発見したころから、その信憑性は一気に高まったとされています。



この世紀の発見により、専門家たちの間でも実在していたという考えが広く浸透したといいます。海底で発見された灯台の遺構は一般人ダイバーにも開放されており、潜水すれば自由に見学することが出来ます。

アレクサンドリアの大灯台を建造したのは誰?

アレクサンドリアの大灯台はエジプトのアレクサンドリア湾岸のファロス島に紀元前3世紀頃たてられた灯台です。アロス島の大灯台、またはアレクサンドリアのファロスとも呼ばれています。世界の七不思議建造物のひとつで、14世紀の間に弐回も地震によって全壊してしまうのですが、ギザの大ピラミッドに次ぐ長命な建造物として今も現存しています。



この灯台を建てたのはアレクサンドロス3世で、紀元前332年ごろにナイル河口に建造されました。アレクサンドロスが亡くなるとエジプトはその彼の部下であるプトレマイオス1世の統治下に置かれたことで、プトレマイオス朝が開かれることになります。



このプトレマイオス朝の首都はアレクサンドリアとなっていますが、周辺には平坦な土地が広がっていることから沿岸航行や入港の際に目印となるものが存在しないことが問題となっていました。この解決のためにプトレマイオス1世は灯台の建造することになるのです。この建造を指揮したのはクニドスのソストラトスで、建造値はアレクサンドリア湾岸のファロス島が選ばれました。工事が始まったのは紀元前305年ですが、完成したのはプトレマイオス1世亡くなり、プトレマイオス2世が継いだあとのことだったとと言います。

アレクサンドリアの大灯台が海底から見つかったって本当?

アレクサンドリアの大灯台が海底から見つかったのは、1990年代におこなわれた近海の本格的な調査でフランスの考古学者チームの発見したとされています。1992〜1994年にかけてフランスの考古学者であるフランク・ゴッディオが率いる遺跡発掘プロジェクトチームがアレクサンドリア港の沖合や灯台の跡地とされるカーイト・ベイ要塞付近の海底から灯台に使用したとされる資材や、当時非常に栄えていたアレクサンドリアに運ばれてきたと思われるエジプトのスフィンクス像やアレクサンダー大王のゆかりのある人物と言われるクレオパトラの横顔が描かれたコイン、多数の貴重な歴史の痕跡を発見したのです。



それまでアレクサンドリアの大灯台は、専門家の間ではその実在の信ぴょう性が疑われていました。その理由としてアレクサンドリアの大灯台は高さ約130メートル以上の建物で、現代の建造物にすると40階建ての高層ビルに匹敵します。そのため当時の技術を考えればこのような高い建造物を建てるのは不可能とされてきました。しかし遺跡の発見を境に実在の証拠が発見されたことで専門家の間では実在していたとされる考えが広まったとされているのです。


フレーム下 class=

伝説の記事


Copyright (C) 2017 伝説とはいいものだ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ