伝説とはいいものだ!

木星の衛星エウロパには水があり生命が存在する可能性があると言われています。
フレーム上

衛星エウロパとは

衛星のエウロパには地球外生命がいる可能性があるとして注目を集めています。ではこのエウロパはどのような衛星なのでしょか。エウロパは木星の第2衛星です。2007年までに発見された衛星の中においては、内側から数えて6番目の軌道を回っています。ガリレオ・ガリレイによって発見されました。ガリレオ衛星とも呼ばれています。比較的明るくて双眼鏡などでも観測することが可能です。このエウロパの特徴的なポイントとして表面が少なくとも厚さ3キロ以上の氷で覆われているということがあります。所々にはひび割れが生じています。強い潮汐力の変動にさらされているということになります。それにより表面にある硬い氷層の下には深さ数十から百数十キロにわたって氷が解けていてシャーベット状である液体の海になっていて、まるで地球の海洋深部にあるような熱水噴出孔も存在するのではないかと言われています。このことから生命が存在しているのではないかという可能性が指摘されています。まだまだ未知なことが多い衛星エウロパなのですが、これからの探索にかなり期待が持てることでしょう。

衛星エウロパに生命がいる可能性があるって本当?

この広い広い宇宙の中に地球外の生命体が存在するかもしれないということを考えるととてもわくわくしますよね。それにまた人間がこれから発展していくにあたっても大きなきっかけにつながることでしょう。そんな広い宇宙において地球外生命がいるかもしれないという可能性がわかったのです。これはまだ未定でありあくまでも可能性です。そしてその可能性があるのが木星の衛星であるエウロパです。木星の衛星エウロパは表面が数キロにもわたるとても厚い氷によっておおわれているのです。そしてその下には海が広がっているという可能性があるとされています。そして海があればそこには生命があるかもしれないということなのです。ハッブル宇宙望遠鏡が行っていた観測によってエウロパの内部から水蒸気のプルームが噴き出している可能性があるということがわかりました。あくまで可能性の段階ではありますが、期待できる発見であるといわれています。地球外生命の探索においてとても有力候補な星であるといえるでしょう。生命が存在できる環境がそこにある可能性があるということです。

木星の衛星エウロパに水があるって本当?

木星には衛星のエウロパがあります。そのエウロパが最近とても話題となっているのです。この木星の衛星であるエウロパには水が噴出しているという可能性が高まっていると発表されました。とてもわくわくするニュースですよね。エウロパの表面は氷で覆われています。ですがその氷の下になんと未知の海が広がっているといわれているのです。ハッブル宇宙望遠鏡が行っていた観測によって、なんとエウロパの内部から水蒸気のプルームが噴き出しているという可能性が発覚しました。ですがまだ可能性の段階ではあります。緻密に検討された制度の高い観測ではありますが、まだ確実にプルームが存在するとは言えないそうです。可能性は高いようですが、確実ではないということなんですね。プルームの存在は確実かと言われればそうではないが、でも注目すべき現象なのです。小さい衛星ではありますがエウロパはとても興味深い星です。地球外生命の探索対象である有力候補の一つと言われています。海があるとして数キロの厚さである硬い氷に覆われている為たどり着くのは難しいですが海が宇宙に噴出しているのか確かめようとしているのです。

衛星エウロパの調査計画はどのようになっているのか?

木星には衛星がありますが、その中でもエウロパがとても話題となっている衛星として知られています。エウロパは惑星探索計画において調査対象天体の最有力候補の一つとされています。なんと地球外生命の可能性があるということで話題となっているんですね。調査計画はどうなっているのかということですが、将来的においてエウロパ表面全体の高解像度地図の作成や氷の厚さの測定、そしてまたその氷の下の海の存在の確認といったことを目標とする探索が期待されているのです。NASAは2009年に時期惑星探索ミッションの第一候補としてエウロパ探索を選定しているのです。2020年における打ち上げ、そして2025年から2026年初頭における木星への到達、そして4つの衛星をフライバイして2028年にはオービターがエウロパの周回軌道へ入る計画を立てています。この計画によってこれからの探索に期待をもつことができることでしょう。エウロパの氷におおわれている海は地球における南極のボストーク湖に近い環境であるとも推測されています。生命存在の可能性が指摘されています。


フレーム下 class=

伝説の記事


Copyright (C) 2017 伝説とはいいものだ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ