伝説とはいいものだ!

伝説のバンドと言えばBOOWYではないいでしょうか?
フレーム上

BOOWYは伝説が多いバンド

このサイトでは、BOOWYが色々と分かるようにしたいと思います
しかし、明確に分からないところが多い謎のバンドでもあります。当時のマネージャーも既に亡くなっています。
しかし、できる限り期待に応えられるように頑張ってみたいですね
ちなみに、BOOWYの復活のアンケートなどを取ってみたら、このような結果になりました


口コミ1
BOOWYは、絶対に復活してほしいです。しかし、氷室さんが復活する気がないような気もします。出来るのであれば、氷室と布袋の2ショットを再び見たいです。

口コミ2
BOOWYの復活は見たくないです。復活したら、金儲けのためにやってるみたいで嫌です。この気持ちわかるでしょ。

口コミ3
BOOWYは、伝説のバンドです。でも、コンプレックスみたいな一夜限りの復活なら許せますね。

口コミ4
東日本大震災の復興GIGの氷室さんのライブに行ってきました。確かに、オヤジになったけど、相変わらずカッコいい。でも、オールBOOWYならBOOWYのメンバーでやってほしかったです。

口コミ5
BOOWY復活して欲しいです。もう一度、氷室、布袋、松井、高橋の4ピースの音が聞きたいです。

口コミ6
BOOWYが復活したらカッコ悪くなる。

口コミ7
BOOWYが復活する気が全くしない。でも、コンプレックスは復活かな。でも、氷室と布袋が同じステージにいるところが、もう一度見たい。

口コミまとめ
やはり、復活してほしいという人と復活しないでほしいという人で別れますね。私としては、復活もありなんじゃないかな〜って思います。もう一度、あの4人の音が聞きたいですね

氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、高橋まことの4人は下記の記事を読んでくださいね。

氷室京介伝説

氷室京介は言わずとも知れたBOOWYのボーカルである。「ライブハウス武道館へようこそ」などの明言を残した人でもあります。

ちなみに、氷室京介というのは本名ではありません。本名は寺西修だと言われています。しかし、本当のところは分かりません。確かに、氷室京介ではかっこよすぎですね。しかし、何かの時に氷室が間違えて本名の寺西修と名乗ってしまったというのも聞いたことがあります。氷室京介は、群馬県の高崎出身です。高崎市と言えば、北関東最大の商業都市ですね。
ちなみに、松井恒松とは同級生の幼馴染です。他のも、一緒にバンドをしていたので有名なところでは山田かまちがいます。

エレキギターの練習中に感電死してしまったみたいですが、絵を見るとすごく力強さのある絵を描く人だなというのが分かります。ちなみに、氷室は元ヤンキーですね。それもかなり有名な悪だったらしいです。その悪が数々のボーカル賞を総なめにしたそうです。
氷室が布袋とバンドをやろうと思い、布袋を呼び出したら布袋は殴られるのではないか?。と心配したというエピソードがあります。ユーチューブでは、昔の氷室のライブの時のMCなどを見れたりしますが、その時に、昔の氷室の雰囲気って、ちょっと危険なオーラが漂っているような感じがします。

やっぱり、元ヤンキーというのは本当でしょう。
ちなみに、大震災の時に布袋はBOOWYを復活させたかったみたいですが、氷室はOKを出さなかったのではないかといわれていますしかし、12月24日とかって、解散宣言した時でもあり、なんとなく復活するのであれば12月24のような気がします。結構、BOOWYって12月24日にライブCDとかDVDとか出したりしているので、案外12月24日に復活なんてこともあるのかな〜とも考えてしまいますね

布袋寅泰は背が高い

布袋寅泰はBOOWYのギターです
あの白と黒のフェルナンデスのギターは有名でしたね
私も布袋モデルのギターを購入しました
今でも、気に行っているギターです

ちなみに、布袋寅泰というのは本名です
氷室の比べるとおとなしい印象を受けるかも知れませんが、布袋も結構暴れています
布袋寅泰の作詞などを担当した町田康さんに暴行を振るったとか、XのYOSHIKIと喧嘩したとか色々とあります

結構、氷室に負けじとプライドの高い人なのではないでしょうか?
でも、いい人そうな印象もあるんですけどね

氷室は男の中の男という印象が強いと思いますが、布袋はどちらかというと、アイドル的なところがあるような気もします
氷室や松井が結婚相手に、一般女性を選んだのに布袋は、山下久美子や今井美樹などのミュージシャンを選んでいます
高橋まことさんの奥さんは・・・どんな感じなんだろう??
さらに高岡早紀との騒動などでも話題を呼んだ
このように割とお騒がせな感じの方なのであるが、やっぱり、あのギターは好きですね

なんいてうか、生に近い感じの音が好きなんです
さらに、BOOWYの楽曲はほとんどが布袋が編曲しています
やっぱりBOOWYサウンドにおいて布袋は欠かせませんね
ステージ上でも、活発に動きまくります

でも、最初のGIGのライブCDに入っているDREAMINの布袋のソロコーラスはかなり好きです

ちなみに、布袋はBOOWYで一番年下ですね
身長は一番高いですけど、BOOWY解散後は、吉川晃司とコンプレックスなどを結成したりしています
東日本大震災の復興チャリティーライブなどもやりますね。そちらの方の活動も期待したいと思います
ちなみに、布袋のソロの曲で一番好きなのは「サレンダー」ですね
布袋の作詞ってロマンチックですね
歯が浮くような歌詞も彼の本領なのでしょう。

松井恒松は日本一のベーシストだと思う

松井恒松はBOOWYのベース担当です

俺が思うに、BOOWYを語る上で、松井恒松は欠かせません

というか、俺はこの人が大好きです
なんといっても、渋い、渋すぎる
布袋や氷室がステージ用を動き回るのに対して、松井は一向に動きません
ひたすらリズムを刻んでいます

BOOWYのベースは楽だという話も聞いたことがあります

確かに、ダウンピッキングだけでひたすらリズムを刻んでいる曲が多いのですが

実際にやってみると、かなり大変だと思います
要はダウンピッキングだけで弾くのでかなり疲れます
一回、ライブの映像で松井が服を脱いだところがあったのですが
すごい体つきをしていたのを覚えています

日頃から、かなりのトレーニングをしてないと作れないような肉体でした

俺は、松井恒松は日本で3本指に入るベーシストだと思いますね
それほど、すごいベーシストです

さらに、メンバー間でも交流が深いと思います
氷室のアルバムにも参加したし、布袋のアルバムやツアーにも参加しましたね
ちなみに、その時にWORKINGMANをやりましたね
松井が作詞した曲だから、やったのだと思います
ちなみに、あの曲の感想のところの松井のベースはかなり好きです
カッコいいですよね。
やっぱり一流ミュージシャンだと思います
ちなみに、本名は松井恒二という話です
自叙伝「記憶」というのも出していますね

ちなみに、松井常松に改名しています

高橋まことのサングラスが好き

BOOWYで一番の年長は高橋まことです
しかし、BOOWY加入の以前から有名なドラムの方だったみたいです

実際に、BOOWYの書籍である大きなビートに木の下でという本によると、福島県の出身だと思いました
基本的にこのストーリーだと、高橋さん自身のストーリーは個人のところだけです
氷室のバンドが事務所によって解散させられて、氷室が布袋に連絡をして二人が出会う
バンドを作るために、二人でオーディションを開くがいい人が表れない
その時に、松井恒松から連絡があり、松井恒松がベースでバンドに加わる
さらに、氷室がスピニングエッジパワーの木村まもるを誘いドラムが誕生する

そして、布袋と氷室がギターの諸星アツシとサックスの深沢和明を連れて来て最初のBOOWYが誕生する
その後、音楽のちょっとした違いから、木村まもるの代わりのドラマーとして高橋まことが入るのか・・・
というところで終了でした
ここでBOOWYが全員そろったというわけです
ちなみに、高橋まことという人は、すごいドラムだったみたいです
何十分でも同じリズムをキープできるそうです

でも、曲の始まりの時のカウントはかなり好きですね
他にも、ドラムをたたきながらかなり大きな声で歌っているみたいで、
その声を、氷室のマイクがひろってしまったというハプニングもあったみたいです

ちなみに、スネアという書籍も出しています
結構、好評な書籍でしたね
やっぱり、BOOWYには欠かせない人でしょう

というか、4人がいなければBOOWYは、BOOWYではないと思います
氷室と布袋だけでは、BOOWYにならないと思っています

ちなみに、サングラスがトレードマークですね

BOOWYの復活はあるのか?

BOOWYの復活はあるかなのですが、現時点ではない可能性が非常に高いでしょう。
ボーカルである氷室京介がBOOWYをもう一度やろうと言う気があるように見えません。さらに、氷室京介は聴覚に異常があり現在、ライブは引退しているような状態でもあります。布袋寅泰はBOOWYの復活は構わないような立場のような感じですし、ベーシストの松井常松さんもBOOWYの復活はありのような感じにも見えますし、高橋まことさんもBOOWY復活はありのような感じにも見えました。しかし、現実はそうはいかないような感じですね。
まず、氷室京介と布袋は仲が悪い説もありますし、氷室京介が再びBOOWY復活と言うのは美学として考えられないのではないかと思うからです。

2014年くらいだと思いましたがBOOWY復活説が流れていましたけど、現実にはなりませんでした。やっぱり、復活はないのではないかと思います。
氷室京介はBOOWYのLAST GIGSで「俺たちは伝説にはならねえぞ〜」みたいな事を言っていましたけど、このまま伝説のバンドにするのではないかと思いました。
復活するとしても鍵を握るのは松井常松さん辺りではないでしょうか?
彼は布袋は氷室のバンドメンバーとして参加したりしていてメンバー間で最も関係が深いと思います。それを考えればBOOWYの復活は松井常松が握っているのではないかと思いました。

伝説の記事


フレーム下 class=

伝説の記事


Copyright (C) 2016 伝説とはいいものだ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ