伝説とはいいものだ!

ロイヤルホストの歴史やお勧めメニューなどについて紹介します。
フレーム上

ロイヤルホストの歴史

ロイヤルホストと言えば、すかいらーくグループのガスト等と比べると、単価が高いですがお味も美味しいですよね。過去に大きなエビフライが出てきて度肝を抜かれたこともありました。美味しくてみんな大好きなファミリーレストランのロイヤルホストの歴史に関してご紹介します。


1971年(昭和46年)北九州市八幡西区青山にロイヤルホスト1号店が開店しました。1975年(昭和50年)にはロイヤルホスト東神戸店が関西進出1号店として、1977年(昭和52年)にはロイヤルホスト三鷹店がオープンして東京進出を果たしました。次々にお店をオープンさせていき、1988年(昭和63年)には松戸駅前店で300店舗目を達成しました。


1993年には台湾1号店をオープンさせて海外進出にも成功しています。2010年に上海に中国1号店をオープンさせますが、2014年には中国から撤退をしています。これは日本と同じメニューで挑んだのですが、従業員の入れ替わりが激しくて調理や接客ノウハウが定着しなかったことが原因のようです。2014年にカウボーイファミリーという系列店を出店し沖縄進出にも成功しました。

ロイヤルホストのお勧めメニュー

ロイヤルホストはファミリーレストランの中ではややお値段が高めの設定です。そのためか、お味も美味しいしこだわっているメニューが多いのでちょっとだけいつもより贅沢したいときなんかにお勧めです。その中では平日のランチメニューは比較的、リーズナブルなので主婦の集まりや学生さん、ランチタイムの会社員にも人気です。


パスタランチ、洋食ランチ、バリューランチ、日替わりサンシャインランチなどがあり、いつもよりお得な価格で食べることができるお勧めメニューです。週末しか行く機会が無くても休日のサンシャインランチもあるので、ぜひ食べてみてくださいね。ウィークデースペシャルディナーセットは、メイン料理を選んでコースで食べることができます。


前妻はきのこマリネサラダかロイヤルのオニオングラタンスープか、コーンのポタージュから選べます。ドリンクバーもついていますし、バゲットかライスを選ぶこともできます。ロイヤルホストにしかないと言えば、トロピカルアイスティーも美味しいので、ドリンクバーで一度飲んでみて欲しいです。お子様連れでも、おこさまよくばりBOX (ハンバーグ)があるので安心です。

ロイヤルホストはドリンクバーが便利です

ロイヤルホストってドリンクバーが廃止されたこともありましたが、現在は扱いがあります。価格は税抜きで400円ですが、料理やデザートと一緒に注文すれば多少の差はありますがだいたい300円位です。平日のランチタイムやモーニングタイムには税抜190円ですからお安くてお得ですよね。


小学生未満がドリンクバーを利用したいときには無料ですし、小学生は税抜160円とリーズナブルなのも嬉しいですね。メニューはエスプレッソやブレンドコーヒー、マキアート、カフェラテ、ココアなどのコーヒー類も充実しています。紅茶やお茶類もティーパックで色々揃っていますし、アイスドリンクは他と同じような感じでグラスを置いて注ぐタイプです。


一番のお気に入りはトロピカルアイスティーで、他のファミレスでは飲めないので飲みたくなったらロイヤルホストに行っています。ソフトドリンク類は他のファミレスと同様にカルピスやメロンソーダ、ミニッツメイド等があります。ドリンクバーがあるとお友達のお喋りにも長居しちゃって、ついつい何杯もおかわりしてしまいます。

ロイヤルホストのバイトってどうなの?

ロイヤルホストを運営している会社って飛行機の機内食も作っているので、プライドがあるファミリーレストランです。ファミリーレストランの中では比較的、お値段が高めなので低価格が売りのガストやサイゼリアなどよりは品良く丁寧な接客を求められます。


ウエイターやウエイトレスが初めてでも、一からトレンチやお皿の持ち方やお客様へ提供する向きなどもしっかり教えてもらえます。ホールスタッフの仕事に関心のある方には、おすすめのアルバイトです。長く在籍すれば、席の埋め方を学んだりデザートを作る担当を任されることも出てきます。茶髪はNGですから、面接時に明るい髪色であれば黒く染めるように指導されます。


以前、安いファミリーレストランで質の悪い接客を受けたのですが、ロイヤルホストはそういう接客をする人はまずいません。そういう意味では、店長さんがしっかりしていて運営もきちんとしているので、ちゃんとしたところで接客業をしたいならおすすめのバイトです。逆に繋ぎ感覚で中途半端な気持ちで入店してしまうと、すぐに嫌になってやめてしまうことになるかも知れませんね。


フレーム下 class=

伝説の記事


Copyright (C) 2017 伝説とはいいものだ! All Rights Reserved.

ページの先頭へ